余命4カ月と言われた私が今も生きているワケ

ミニ・ゴジラを冷凍させる瞑想をやっている

高橋三千綱氏(C)日刊ゲンダイ

 胃がんを通告されたのは、2013年4月の65歳の時だ。医者に言われるまま、食道がんの手術をした半年ほど後のことだった。

 その時、私は妻とグアム島に行っていた。妻の携帯電話に病院から「至急、日本に戻ってきてください」と連絡が来た。「どうも、胃がんができているみたいなんです」という説明だった。

 私は「手術はしない」と答えた。こちらの都合も考えず、がんなら手術するのが当然と言わんばかりの相手に、すぐに戻ってこいとは何だと腹が立った。妻は「いいの?」と心配したが、「グアム島で下痢しているんだ。蛇に怯えながらクソをする男の悲しさが分かるのか!」と続けた。

 妻は病院で「手術しないと半年後には大変なことになる」とずいぶん脅かされたらしい。真っ青な顔をした妻の姿を今も覚えている。

 しかし、医者が言う半年どころか、4年半近くが過ぎた今も私は生きている。

1 / 3 ページ