国内初の発売 注目の「配合剤」で糖尿病治療はどう変わる

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 今月7日、糖尿病の新たな薬が発売された。東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授の門脇孝医師にその意義を聞いた。

■相乗効果がポイント

 2012年の統計で、予備群も含めると国内の2型糖尿病患者は2050万人。門脇医師によれば、アジア人はインスリン分泌が低下しやすい遺伝因子があるが、それだけでは糖尿病がここまで顕在化しなかった。

「ところが食生活の欧米化による肥満・内臓脂肪蓄積でインスリン抵抗性が加わり、相互作用で2型糖尿病患者が急増したのです。つまり、2型糖尿病の治療を考える上で、インスリン分泌低下とインスリン抵抗性への2つの対応が重要です」

 今回発売される薬は、インスリン分泌低下に対応するDPP―4阻害薬と、肥満によるインスリン抵抗性に対応するSGLT2阻害薬の配合剤だ。これは、国内初になる。

1 / 4 ページ

関連記事