愉快な“病人”たち

平山みき 大腸がん闘病で「腸閉塞の予兆が分かるように」

「がんに関しては本当に運が良かった」と語る(C)日刊ゲンダイ

 それで安心していたところ、旅行前日の午後に激しい腹痛に襲われました。右側の下腹部が痛かったので「盲腸かな」と思いました。それで、薬を処方してもらった病院とは別の病院に電話をして「盲腸みたいなので、散らす薬はないですか?」と尋ねました。家族旅行をふいにしたくなかったのです。

 といっても、盲腸と決めつけているのは私で、正式な診断は出ていません。先生からも「診察してみないと病名は分からないのですぐに来てください」と言われて、病院に行きました。血液検査と触診を受けたところ、先生から「旅行どころじゃないですよ」と言われました。先生はすぐに総合病院に連絡を入れて、翌日診察を受けられるよう予約をしてくれたのです。

 総合病院では、「大腸と小腸がつながっているあたりにポリープができている。腹痛はその炎症からくる痛みです。腫れがひいたら開腹手術をします」と告げられました。

2 / 6 ページ

関連記事