がんと向き合い生きていく

患者だけでなく一緒に暮らす家族にもケアは必要

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 その晩、Zさんは眠れず、翌日、治療を受けている病院の相談室に電話をかけました。担当者からは「決してあなたを怒ったのではないと思います。病気がそう言わせたと思ってください」とアドバイスされたそうです。

 患者本人の苦しみ、悩みはもちろんですが、一緒に病気と闘う家族の悩みも大変です。以前、精神科医が「家族ケア外来」を行ってくれたこともありました。患者と暮らしている家族のための相談外来です。悩みの多い家族にとっては、とてもありがたいことでした。相談に来られた家族で、うつ病と診断された方もいらっしゃいました。しかし、現実には人員の確保など、家族ケア外来を維持するのは病院としてはとても難しいようです。

■相談支援センターは家族の悩みも聞いてくれる

 こころのケアは患者本人だけでなく、一緒に暮らす家族にも必要です。臨床心理士の方が中心となって「こころの相談室」を行っている病院もあります。多くは患者本人が相談に来られているようですが、家族が直接相談に行くのも方法です。

2 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事