クスリと正しく付き合う

【コレステロール降下薬】効き目は穏やかながら副作用が少ないものも

自覚症状がない疾患(C)日刊ゲンダイ

 スタチン系もフィブラート系も強力な薬だけに、副作用が出る場合もあります。共通して起こる可能性がある副作用としては横紋筋融解症や肝障害が挙げられます。横紋筋融解症は筋肉が融解・壊死するもので、初期には筋肉痛や血尿を呈します。いずれも血液検査で診断することができるので、スタチン系やフィブラート系を服用していて上記のような症状が表れた場合には、速やかに受診しましょう。

 ただ、重い副作用が表れるケースは非常にまれなので、薬を飲むことを怖がる必要はまったくありません。重篤化を招かないために、副作用の初期症状を知っておくことが大切なのです。

 また、効き目は穏やかながら副作用が少ない薬もあります。脂質異常症が改善すれば、そうした薬に変更することもできます。次回は、薬を変更したり、やめるためにはどうすればいいのかをお話しします。

2 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事