天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「先輩がした手術」という事情で再手術を断る外科医がいる

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 かつて、心臓手術は「再手術が当たり前」と考えられていました。例えば、冠動脈バイパス手術で使用される足の静脈や、弁の交換で使われる生体弁などには“賞味期限”があるため、一定以上の期間を超えるときちんと機能しなくなってしまうからです。

 しかし近年は、できる限り耐久性に優れた“材料”、あるいは自己成長を期待できる“生体材料”を使うことにより、再手術のリスクを大幅に減らせるようになりました。最初の手術だけで健康寿命を回復し、予想以上の長生きをされて天寿を全うする患者さんもたくさんいます。

 一方で、まだ「再手術が当たり前」と考えられていた20年以上前に手術を受けた患者さんの再手術も増えています。当時、最初の手術を受けた患者さんが高齢になり、再び心臓にトラブルが起こるタイミングに差しかかっているのです。

 これまでもお話ししてきたように、再手術は1回目の手術に大きく左右されます。最初の手術がエビデンスにのっとってしっかり処置されていれば、再手術もそれほど問題なく対応できる可能性が高くなります。しかし、最初の手術がエビデンスにのっとっていない方法だったり、心臓の機能を損なってしまうような処置が行われていたりすると、再手術のハードルがハネ上がってしまうのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事