天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「先輩がした手術」という事情で再手術を断る外科医がいる

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 そうした施設を選ぶには、病院ランキング本や病院のホームページなどが参考になります。治療実績をしっかり公表していて、自分に該当する症例を数多くこなしている施設を探しましょう。

 かつてお世話になった病院で断られたのだから仕方がない……と再治療を諦めている患者さんはたくさんいます。しかし、実際は再治療が可能なケースも多いのです。再治療のセカンドオピニオンを受けることに遠慮は必要ありません。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事