Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

村野武範さんが告白 咽頭がんの治療は手術より放射線で

村野武範さん(C)日刊ゲンダイ

「くいしん坊!万才」のリポーターなどで知られる俳優村野武範さん(72)が、中咽頭がんにかかっていたことをイベントで告白。話題を呼んでいます。一連の報道によると、2年前の5月に首にできた小豆ほどのしこりに気づいて受診。当初は「風邪」と診断されたそうですが、精密検査の結果、ステージ4の中咽頭がんと判明したとのこと。

 話題を呼んでいるのはそれからです。医師には「余命は聞かない方がいい」といわれ、余命いくばくもなかったようですが、夫を思う妻があちこちの病院を探し、陽子線治療を受けた結果、それがうまくいき、転移や再発もなく、元気に生活されています。

 喉は、咽頭と喉頭に分かれていて、食道につながるのが咽頭、気管につながるのが喉頭で、村野さんのケースは、咽頭の中ほどにできたがん。咽頭がんを発症するのは年間せいぜい2000人ほどで、がんの中ではまれながんですが、喫煙や飲酒の影響が強く、圧倒的に男性に多い傾向があり、お酒好きやスモーカーは要注意です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事