気鋭の医師 注目の医療

薬に頼らずおいしく楽しく 嗜好品を保健指導に取り入れる

東京医科大学病院・循環器内科の椎名一紀講師(C)AP
椎名一紀講師 東京医科大学病院・循環器内科(東京都新宿区)

“血圧やコレステロールの数値が高めだが、できれば薬は飲みたくない”――。

 そう思っている病気予備群を中心に、嗜好品(好みの飲食物)を積極的に取り入れた保健指導を行っているのが椎名一紀医師だ。「薬に頼らず、おいしく楽しく病気予防」をコンセプトにしている。

「心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患を減少させるという、しっかりとしたエビデンス(科学的な根拠)が出されている食品はいくつもあります。それらの中から患者さんに合った嗜好品を選んでもらい、その取り方を指導しています。何より楽しみながら習慣にできるのが嗜好品のいいところです」

 血圧だと収縮期血圧(上)130~160(㎜Hg)の軽症、悪玉コレステロールでは160(㎎/デシリットル)くらいであれば改善する可能性がかなり高いという。

 椎名医師が主に用いている嗜好品は、ポリフェノールやオメガ3脂肪酸(EPAやDHA)などを含む食品だ。ポリフェノールが豊富なものでは、カカオ分70%以上の「高カカオチョコレート」「緑茶」「赤ワイン」など。

1 / 3 ページ

関連記事