役に立つオモシロ医学論文

寒くなった日の4日後に脳出血が起こりやすい

脳卒中は冬が多い(C)日刊ゲンダイ

 10月に入り、徐々に秋めいてきました。この時季は日ごとの寒暖差が激しく、体調も崩しやすいと言えましょう。気温や気圧などの気象条件は少なからず私たちの健康に影響を与えています。例えば、気温が下がれば血圧が高くなりますし、過去の研究報告によれば脳卒中は冬に多く、夏に少ないことが示されています。

 そんな中、気温の変化と脳卒中リスクの関連を検討した観察研究の論文が、「プロスワン」という医学・科学系の専門誌に2017年6月2日付で掲載されています。この研究では、脳卒中を発症し、広島県内の7つの病院で治療を受けた患者3935人が対象となっています。

 気温は「非常に低い=7.9度以下」「低い=8~12.7度」「普通=12.8~18.6度」「高い=18.7~23.7度」「非常に高い=23.8度以上」の5つに区分され、脳卒中発症前の気温と、その発症リスクが検討されました。脳卒中は脳の血管が詰まってしまう「脳梗塞」、脳の血管が破れてしまう「脳出血」に分けて解析されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事