Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

南果歩さんは選択 乳がんでも治療を中断できるケース

抗がん治療を中断していることが明らかになった女優・南果歩(C)日刊ゲンダイ

 ルミナルは、どちらもホルモン感受性の遺伝子が陽性で、ホルモン剤が効きやすい。Aはホルモン剤単独でよいケースも多いのですが、Bにはがんの増殖率が高いものやHER2陽性のものもあり、ホルモン剤に加えて抗がん剤や抗HER2治療薬のハーセプチンを加えることが標準治療なのです。

■抗がん剤で閉経する確率は20%程度

 南さんは手術後、ホルモン剤とハーセプチンの併用に触れていることから、がんのタイプはルミナルBと思われます。そこで加味するのが、ステージ1の病期です。

 先ほどステージ1の再発率は10%以下と書きました。逆にいうと、再発なく生存する確率が90%超ということです。

 これらを加味すれば、予防的な薬物療法に副作用が認められる場合は、一時的に治療を差し控えることを検討するという選択もアリだと思われるのです。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事