正しい運動で健康寿命を延ばす

【肩凝り対策】トレーニング前後は“伸ばす”と“刺激”で

写真(1)三角筋と僧帽筋中部の静的ストレッチ(提供写真)

 前回のトレーニングで鍛えた三角筋と僧帽筋の筋肉をほぐす静的ストレッチと、肩甲骨周辺の動的ストレッチを紹介する。

「30秒以上静止した状態で筋肉を伸ばす静的ストレッチに対して、動的ストレッチはある動きを一定回数繰り返し、関節や筋肉に刺激を与える運動です。血行がよくなるだけではなく滑液の分泌も促されて関節の動きが滑らかになりますので、運動前のウオームアップとして最適です」

◆三角筋と僧帽筋中部の静的ストレッチ

①正座をして、背筋を伸ばしたまま上体を前に倒し、腕を伸ばして両手を床につく。②片方の腕を肩から曲げてもう片方の腕と膝の間を通す。曲げた方の腕の肩を床につけ、背中や肩周辺の筋肉をグッと伸ばした状態で30秒キープ(写真(1))。このとき、曲げた方の手のひらを上に向けるのがポイント。左右行う。

1 / 2 ページ

中野ジェームズ修一

株式会社スポーツモチベーション最高技術責任者。米国スポーツ医学会認定運動生理学士。多くのオリンピック選手や青山学院大学駅伝チームの箱根駅伝連覇を支えるなど、アスリートから絶大な信頼を寄せられている。新著に「定年後が180度かわる 大人の運動」(徳間書店)がある。

関連記事