クスリと正しく付き合う

糖尿病薬を減量・中止するためには「薬の選び方」が大切

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 血糖値は糖尿病か否かを判断する上で重要視される数値ですが、そもそも「血糖」というのは生命にとても大切なものです。高すぎれば糖尿病となりますが、逆に低すぎると人間は死んでしまいます。

 ですから、糖尿病で薬物治療が必要な方は「適切な使用」を厳守しなければなりません。大げさではなく、インスリンの大量誤投与による死亡事故も起きていますし、高血糖で昏睡状態になって病院に運ばれてくる患者さんもいます。

 きちんと薬を使っていても、血糖コントロールが難しい日もあります。風邪やケガなど糖尿病以外の病気にかかった時には、普段通りに薬を使っていても血糖値が乱れやすくなり、「シックデイ」と呼ばれています。

 糖尿病の薬を減薬・中止するためにも、まずは薬を適切に使うことが一番重要です。その上で、運動療法と食事療法を進め、生活改善を行います。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事