天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

ドラマのようなコラボレーション手術は現実でも行われる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 そこで、血液を体外循環させる人工心肺を使った「超低体温循環停止法」を併用することになりました。患者さんの体温を20度まで下げてから、人工心肺による血液の循環を一時的に停止した状態で手術を行う方法です。

 心臓は停止していて全身の血液の循環が止まっているので、動脈瘤が破裂しても大出血することはありません。脳も含めた人間の臓器は、血液の循環を停止してから40分程度なら深刻なダメージは受けません。われわれ心臓外科医が人工心肺をつないで循環をコントロールしている間に、脳外科医が動脈瘤の処置を行って手術は無事に成功しました。

■心臓とがんの同時手術も

 ただ、いまではこうしたコラボレーション手術は行われないでしょう。近年、カテーテルを使った血管内治療が進歩したことで、外科手術と置き換わっているからです。

2 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事