天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

ドラマのようなコラボレーション手術は現実でも行われる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 年間に1例あるかどうかという頻度ですが、いまでも行われる他科とのコラボレーション手術は、大動脈弁の弁置換術と、大腸がんの手術を同時に行うケースです。

 どちらも、手術そのものは2時間くらいで終わるシンプルなものなので、同時に手術することができます。もちろん、2つの手術をそれぞれ順番に行う方法でも問題ありませんが、まず心臓手術をしてから回復するのを待ち、改めて大腸がんを切除するとなると、患者さんの負担が大きくなってしまいます。

 また、患者さんに心臓病がある場合、がんを切除する外科医は手術をやりたがりません。術中術後のリスクが大きくなるからです。そのため、ならば同時に……というケースが多いのです。

 大動脈弁の弁置換術は人工心肺を使った開胸手術で、大腸がんの切除は開腹手術か内視鏡による腹腔鏡手術を行います。メスを入れる場所が心臓と腹部で違いますし、腹腔鏡であれば傷も小さくて済みます。以前は、2つの手術による傷が同時にできることに対する不安もありましたが、腹腔鏡の進歩によって創傷に関する心配はなくなりました。

 患者さんは、苦痛が少ない上に治り方の完成度が高いほど喜びます。治療の進歩によって行われなくなったコラボレーション手術もあれば、やりやすくなったコラボレーション手術もあるのです。

3 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事