クスリと正しく付き合う

必要のない薬を飲み続けると重病を引き起こす危険も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薬の「適正使用」とは、「薬を必要な時に必要な量を使う(用法・用量を守る)。必要なければ使わない」ということです。つまり、使うべき時(状態)に使って、そうでなくなったら(症状が改善したり、悪化するなど)やめるのが「適正」なのです。

 ただ、必要ない、もしくは必要なくなった場合でも薬を飲みたがる患者さんがいるのも事実です。そういった方は「なぜ飲んではいけないのか?」と思うかもしれません。その理由として、①副作用のリスクがある、②医療費がかかる、ということが挙げられます。

 今回は①についてお話ししましょう。何かしらの効果がある薬には、何かしらの副作用があるのは当然で、「副作用のない薬はない」と言い切っても過言ではありません(症状として表れるか表れないかは別問題です)。中には、ひどい炎症やショックで死に至るような副作用もあります。

 また、薬剤性腎障害や薬剤性肝障害など、臓器にダメージを与える場合もあります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事