天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

拡張型心筋症は治療を始めるタイミングが重要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

「特発性拡張型心筋症」という病気があります。心筋細胞が変性して、心臓、とりわけ左心室の筋肉が収縮する働きが低下し、左心室が大きくなってしまいます。

 そうなると血液を心臓からうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を起こします。急に激しい動悸や不整脈を起こして気を失ったり、突然死を招く場合もあります。

 厚労省の推計患者数は2万5233人で、私も過去に拡張型心筋症の患者さんを何人も診たことがあります。

 いまのところ、はっきりした原因はわかっていませんが、ウイルス感染がきっかけになるケースが多いと考えられています。コクサッキーウイルス、アデノウイルス、C型肝炎ウイルスなどが心筋にも感染して心筋炎を発症し、それが慢性化して心筋症になるのです。また、抗心筋自己抗体と呼ばれる自分の心臓を攻撃する抗体ができてしまう免疫異常や、遺伝による場合も見られます。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事