天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

拡張型心筋症は治療を始めるタイミングが重要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 拡張型心筋症は「特定疾患」に指定されている難病です。治療がとても難しく、決定的な治療法も確立していません。慢性の経過をたどる病気で、初期、中期、末期の段階があり、末期になると人工心臓または心臓移植手術しか治療法がありません。

■弁形形成術と心臓再同期療法で食い止める

 ただ、これまでの経験から、末期に至る前の段階で適切な治療を受ければ、進行を食い止めることができるケースもあるという印象です。拡張型心筋症の患者さんは、中期で心臓弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症が表れ、肺うっ血を起こすことがあります。この段階でまずは僧帽弁の弁形成術を行い、血液の逆流を改善します。

 さらに、中期で不整脈=心房細動が表れる患者さんも多いので、心房細動を治療する「メイズ手術」や、近年効果が上がっている「心臓再同期療法」(CRT)を行います。ペースメーカーを使って左右の心室の収縮のタイミング=脈拍のズレを補正し、心臓のポンプ機能を取り戻させる治療です。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事