天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

拡張型心筋症は治療を始めるタイミングが重要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 心臓の機能は心不全を起こすたびにどんどん落ちていくといわれています。いったん心不全を起こすと心臓の機能が低下してさらに心不全を起こしやすくなり、再び心不全を起こしてさらに機能が低下……という悪循環に陥ってしまうのです。

 弁形成術と心臓再同期療法は、その悪循環を食い止めるための治療です。拡張型心筋症そのものを治す方法ではありませんが、その2つの処置を行うだけで、その後は心臓が大きくならずに縮まって、あたかも拡張型心筋症が治ってしまったかのように長生きする患者さんもいます。

 ただ、この2つの治療はタイミングが遅れると効果がガクンと落ちてしまいます。逆流や不整脈が再発して心臓も大きくなっていき、末期まで進行してしまうケースが多くなるのです。

 これまで繰り返しお話ししてきたように、心臓病の手術というのはあまり早い段階で行うのはマイナスです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事