末期がんからの生還者たち

村野武範さん<2>治療を受けられると言われ涙が出るほど嬉しかった

村野武範さん
村野武範さん(C)日刊ゲンダイ

 俳優の村野武範さん(72)が首のしこりに気づき、近所の病院に行ったのが2015年5月10日。

「ステージ4の中咽頭がん」と診断され、2~3日後に入院する予定だった病院に紹介状を書いてもらい、東北へ向かったのが6月1日だった。まずは、そこで陽子線治療ができるかどうかの判断を仰がなければならなかった。

「陽子線はがんのできた部位や大きさ、進行度合いなどによって向き不向きがあるんですって。私は首だけでしたが、転移があったので不安でした。検査後に『うちでできます』と言われた時は、涙が出るほどうれしかった。女房も『来てよかったわね』と安堵の表情を浮かべていました」

 その場で入院の手続きを行った。いったん東京に戻って、実際に入院したのは6月5日だった。治療は、抗がん剤から始まったという。

「普通の抗がん剤は、静脈注射で全身に薬が回るんですって。だから健康な臓器も傷めちゃう。でもそこの抗がん剤は、動脈注射でした。左耳の上の辺りからカテーテルで高濃度の抗がん剤を入れるんです。がん細胞にピンポイントに届くから、ほかの臓器を傷めないそうです」

 週1回の抗がん剤投与が計9回行われた中、放射線も同時進行で1回数分~15分程度、平日に行われた。

「最初の5回は通常の放射線。その次はIMRTを15回、そして陽子線が17回と、合計37回の放射線治療を受けました」

■先進医療特約で自己負担ゼロ

 IMRTとは強度変調放射線治療と呼ばれ、腫瘍にピンポイントで放射線を当てられる照射技術によって照射量を従来より多くできる。そして陽子線治療は、水素の原子核である陽子を光速近くまで加速してがん細胞に当てる。従来の放射線は体表面に強く当たり、深くなるほど弱まるのに対し、陽子線は深いところにエネルギーのピークをつくれるため、正常な組織へのダメージを減らしながら深い部分に強く照射できるのが特徴だ。

「費用は280万円ぐらいかかりました。先進医療は保険が利きませんから。でも、たまたま医療保険に先進医療の特約を付けていたんです。それも、70歳になる前に保険屋さんに言われるがままに。追加した掛け金は月々500円ぐらいのものです。そのおかげで自己負担はゼロ。本当ですよ(笑い)」

▽村野武範さん(72歳)
 1945年、東京生まれ。1972年、27歳のときにドラマ「飛び出せ!青春」(日本テレビ系)で熱血教師役を演じ、人気俳優となる。1988年、43歳で「くいしん坊!万才」(フジテレビ系)を担当し、3年間出演した。現在、39年ぶりとなるCDシングル「ハマナス」(クラウン徳間ミュージック)が発売中。

関連記事