愉快な“病人”たち

声帯を削った昆夏美さん「新しい喉で新たな可能性を」

昆夏美さん(C)日刊ゲンダイ

 慌てて有名な喉の病院に行くと、「声帯結節です」と告げられました。それでも、点滴と薬と吸入で1カ月の公演は乗り切りました。

 翌月は丸々お休みだったので、その間に病院と薬と吸入と筆談の日々で声を戻し、8月から「ミス・サイゴン」の稽古に入りました。でも、従来のようには歌えなかったんです。

 それなりに声は出るものの、一本線を描くような真っすぐな声が出ないのです。それでも稽古を続けていると、ある時「まずい!」と直感した日がありました。「これ以上、一音でも出したら声が飛ぶ」という感じです。翌日、病院を替えて受診したところ、「こんな喉で歌なんて歌えない」と即刻ドクターストップがかかりました。

 結局、本番を目の前にして休演が決定。でも完全な降板ではなく、「12月公演から復帰すればいいね」と制作の方が言ってくださったので、私はそれを唯一の励みに治療に入りました。

2 / 5 ページ

関連記事