役に立つオモシロ医学論文

追跡調査を約18年 ストレスでがんになりやすいは本当か?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 なお、結果に影響を与えうる、年齢、性別、睡眠時間、喫煙、食習慣などの因子で統計的に補正をして解析しています。

 平均で17.8年にわたる追跡調査の結果、ストレスが低レベルの人と比較して、中レベル、高レベル、いずれの状態においても発がんのリスクは上昇せず、「ほぼ同等」という結果でした。ただし、長期間にわたり高レベルのストレスにさらされ続けた人では、常時低レベルの人と比較して、発がんリスクが11%上昇することが示されました。

 ストレスと発がんリスクの間に直接的な関連性は少ないといえますが、長期間ストレスにさらされ続けることで健康的な生活が脅かされ、それががんの発症リスク増加につながる可能性はあるかもしれません。

2 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事