クスリと正しく付き合う

「薬をやめたくない」患者の希望とどう向き合うべきか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薬の中には「やめられない薬」というものもあります。その理由には①「やめたら症状が悪化する(最悪の場合は死に至る)」、②「やめたくない」の2つがあります。

 ①の場合、たとえば1型糖尿病はインスリンを補うことが必要不可欠で、「インスリン製剤」を投与しなければ亡くなることもあります。また、臓器移植(造血幹細胞移植や肝移植など)を受けた患者は「免疫抑制剤」を使って免疫を抑えることが必須です。このように、①は「必要不可欠な薬」であることからやめることができません。

 ②の場合は、いくつか状況が考えられます。「やめたいけどやめられない(薬物依存)」ケースや、「その薬が“最後の切り札”であるが故にやめたくない」といったケースが想定されます。

 中でも、後者は非常に難しい問題です。治療法がほかに見当たらず、その薬が最後の頼みの綱となると、患者やその家族が「やめたくない」と強く希望することは理解できます。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事