全国の医師が処方した薬 ベスト10

【降圧剤】処方量トップの石川県は1人年間1000錠以上

石川県は鹿児島県の2.3倍(C)日刊ゲンダイ

 都道府県別に見ると、降圧剤をもっとも多く処方しているのは東京都(5億8000万錠)、大阪府(3億9000万錠)、神奈川県(3億8000万錠)、愛知県(3億1000万錠)の順。少ない方は鳥取県(2700万錠)、佐賀県(3900万錠)、福井県(3900万錠)などとなっています。とはいえ人口の多い大都市で処方量が多く、人口が少ない県の処方量が少ないのは当たり前。患者1人当たりの処方量を比較する必要があります。

 厚生労働省の「平成26年患者調査」には、全国の総患者数(高血圧で継続的に病院にかかっている患者の人数)しか載っていませんが、「患者調査」の他の数字と、厚生労働省が定めた公式を使って、各県の総患者数を計算することができます。また県ごとの降圧剤の処方量は、NDBオープンデータに載っていますから、これらを使って各県の患者1人当たりの処方量が出ます。<表>にその結果をまとめました。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事