天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

外科医にとって「自己管理」は不可欠な適性といえる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 医師の仕事はカッコいいものではありません。重症の患者さんのために連日病院に泊まり込んだり、急患が入って休日の予定をキャンセルすることも日常茶飯事です。「24時間働いている」と公言する医師もいます。

 私も大学教授に選ばれた時から「心臓血管外科のリーダーとして常に病院の第一線に身を置いていなければならない」という考えを持ち、病棟当直医とともに手術とその後の管理にほとんどの時間を費やしていました。いまはチームが成長し、患者さんを任せても大丈夫な状況になっていますが、自身の業務が副院長、院長と管理に関わる内容が増えたことに加え、これまでと同じように手術も行っていることから、相変わらず普段は病院に寝泊まりすることがほとんどです。

 もちろん、だからといって私のような働き方を若い医師に求めてはいませんし、自分と同じことはできないだろうという自負もあります。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事