Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

ピカ子さんが判定された「前立腺がん確率50%」の意味

タレント・ピカ子さん(本人のブログから)

 テレビの医療番組で検査を受けたタレントのピカ子さん(46)が、「前立腺がんの可能性50%」と判定され、話題を呼んでいます。その検査はPSAで、血液検査で分かる前立腺の腫瘍マーカーです。会社の健康診断のメニューには含まれませんが、男性の人間ドックのメニューとしては一般的。中高年の男性なら、受けたことがあるかもしれません。

 基準値は4以下のところ、15・9。番組に出演した医師が「10を上回った場合は、前立腺がんの可能性が50%以上」と語っています。

 確かにPSAの数値とがんのリスクを関連づけると、「50%以上」は妥当です。しかし、PSAは、がんでなくても炎症で数値が上がることがあり、必ずしもがんとはいえません。継続して検査を受けることが大切。実際、この方は精密検査を受けるそうです。

 そう聞くと、大ごとに思えるかもしれませんが、前立腺がんはがんの中でも穏やかながん。一般に前立腺がんは50歳以上で発症し、60歳以降に急増。死亡時の剖検で、80歳以上の4割に見つかります。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事