全国の医師が処方した薬 ベスト10

【糖尿病治療薬】処方量トップは愛知県 三重県の2倍

トップの愛知県は三重県の2倍(C)日刊ゲンダイ

 患者1人当たりの処方量の都道府県格差を見てみましょう。NDBオープンデータには、都道府県別の処方量が載っています。そこで厚生労働省の患者調査をもとに、各都道府県の糖尿病の総患者数を計算し、その数字を使って患者1人当たりの処方量を算出します。<表>はその結果をまとめたものです。

 最も多く処方しているのは愛知県。患者1人当たり、平均で年間2600錠以上(1日7錠以上)を処方していることになります。次いで京都府、千葉県、北海道の順。全国平均が1916錠(1日5錠程度)ですから、1日当たり1~2錠多く飲んでいることになります。

 少ないほうのトップは三重県。年間1300錠に達しません。1日当たりに直せば3~4錠におさまっています。次いで和歌山県、広島県、鹿児島県となっています。

 多い県も少ない県も、これといった地域性や共通性はなさそうです。実際、最も多く処方している愛知県と、最も少ない三重県は同じ東海エリア、しかも隣同士です。それでいて処方量に2倍の差があるのです。

1 / 2 ページ

関連記事