ニューヨークからお届けします

あらゆる病気を予防 「抗炎症ダイエット」がNYで大人気

植物繊維の多い生野菜や果物をたっぷりとる(伝統的なスイス・フォンデュ)/(C)AP

 ニキビから関節炎、うつ病まで、考えられるあらゆる人間の病気の共通点は、繰り返し発生する「慢性炎症」です。特に心臓疾患、がん、腎臓病、呼吸器疾患、脳卒中、アルツハイマーなど命に関わる病気も、長年繰り返されてきた炎症がきっかけになることが分かってきています。

 こうした炎症をコントロールする食生活が「抗炎症ダイエット」。近年の研究では炎症を減らして病気を予防するだけでなく、アンチエイジングにもなるといううれしい研究結果もあります。

 ではいったい何を食べればいいのでしょうか? まず、食物繊維が豊富な生野菜や果物をたっぷり取りましょう。ハーブやスパイス、特にウコンとショウガは抗炎症の効果があることが注目され、ウコン入りドリンクは今、ニューヨークの若者の間で人気上昇中です。

 タマネギ、ネギ、ニンニクなどのネギ科の野菜、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどアブラナ科の野菜は抗酸化作用があり、抗炎症効果が期待できます。

1 / 2 ページ

関連記事