がんと向き合い生きていく

男性医師の心ない一言に「屈辱」を感じる女性患者は少なくない

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 高校の同級生だったK君からしばらくぶりに電話があり、こんな相談をされました。

「30歳になる娘が、近くの医院で乳がんの疑いがあるから専門の病院を受診するように言われたんだ。妻も乳がんだったから心配で……。ただ、娘は男性医師に診てもらうのは嫌みたいで、女性医師を強く希望している。乳腺外科で紹介してもらえる女性医師はいないだろうか?」

 さっそく、親しい乳腺外科の女性医師Yさんを紹介すると、数日後、K君から電話があり、「診察してもらって、がんではなかったとのことだった。本当によかった。娘は診察してくれたY先生にとても感謝している。今後、念のため年1回診ていただけるようだ。病院に行くのも嫌がらなくなった」と喜んでもらえたようでした。

 若い女性の中には、女性特有のがん(乳がん、子宮がんなど)で女性医師の診察を希望される方がいらっしゃいます。女性医師なら楽な気持ちで診察をしてもらえる、そしていろいろ相談しやすいというのも本音だと思います。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事