がんと向き合い生きていく

男性医師の心ない一言に「屈辱」を感じる女性患者は少なくない

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 同じような話が某大学病院でもあったと聞きます。子宮がんの手術で子宮全摘術を受けた患者さんが、医師から「女性でなくなった」と言われたというのです。

 気配りのなさを感じるのは、男性医師に対してだけではないようです。出版社に勤めるMさん(36歳)は、両側の乳がんの診断で、乳房切除術を2回受けました。仕事に復帰した際、10人ほどの社員が揃った職場で、Mさんは「長い間、お休みをいただいてしまって申し訳ありません。もう、大丈夫だと思います。乳がんの手術で両方の乳腺をとりました」と頭を下げて報告したそうです。 その後、周りの男性社員のMさんを見る目や雰囲気がなんとなく変わったといいます。

 最近は女性の医師も多くなりました。内科、眼科、皮膚科だけではなく、がんの診断・治療で放射線科や外科でもお見かけします。とはいえ、病院の各科で女性医師が揃っているわけではありません。女性医師に診てもらいたくても、なかなか希望通りにはいかないことが多いと思います。

3 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事