がんと向き合い生きていく

男性医師の心ない一言に「屈辱」を感じる女性患者は少なくない

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 女性医師の診察を希望される場合は、受診する科で女性医師が診察してくれる外来があるかどうか、病院のウェブサイトで探すのが早いでしょう。また、病院の新患受付や相談室に聞いてみるのもひとつの方法です。

 以前、こんなこともありました。ある男性医師が、女性の乳がん患者に「卵巣に放射線をかけて卵巣機能をなくす治療法です」と淡々と説明して同意を得ました。その男性医師は同じ時期に男性乳がんの患者も診ていたのですが、「ホルモン治療として睾丸摘出術を行いたい」と説明した際、患者と一緒に涙を流されていました。両方とも治療の原理は同じはずなのに……。とても印象に残っています。

 まだまだ“男社会”といえる日本において、体力面でも男性に負けずに長時間の労働に耐え、患者には優しく接し、家庭、子育て、研究にいそしみ、大学教授や病院の部長になって、さらに後輩を育成する……。まさに八面六臂の活躍をされている女性医師を私は何人も知っています。頭が下がる思いです。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事