天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「限られた時間」を有効に使う大切さを若手に伝えている

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 これからを担う若手の心臓外科医を育てるため、近年はできるだけ若手にチャンスを与えるように意識しています。

「自分にしかできない」という手術はもちろん私が執刀します。しかし、自分が執刀しなくても患者さんの予後(その後の生活レベルや健康寿命など)に変わりはないと判断できる場合は、患者さんと十分に話し合ったうえで若手に執刀を任せる機会が増えています。私も手術に立ち会って、若手が手術中の“チェックポイント”をクリアできない時には、そこから自分が代わって執刀し、しっかり手術を見せるケースもあります。物足りなさを感じることも少なく、皆よくやっていると思います。

 先日、北海道であった講演でもお話ししたのですが、若手には、「限られた時間」というものがすごく大事なんだということを言い聞かせています。

 外科医が手術を行ううえで大切なのは、「同じ治療をするなら素早く行う」ことです。次の患者さんが待っているわけですから、所要時間が短ければそれだけ多くの患者さんの治療に臨めます。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事