天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「限られた時間」を有効に使う大切さを若手に伝えている

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 外科医として成長するためには、日頃の訓練に加え、1回の手術の中で、その4要素をいまの自分が速くこなせるところをいかに探すかが重要になります。先輩医師の手術に立ち会ってもボーッとしている若手は探すこともしません。一方、そういう場面に出くわしたら一生懸命に取り組む若手は、実技をどんどん覚えていきます。もっと経験を積みたいと思ったら、先輩を押しのけてでも、自分が任せてもらえる環境や時間を増やそうとします。そうやってトレーニング=自己研鑚というものは成り立っていて、経験とともに自分の守備範囲はどんどん広がっていくのです。

 いまは、自分で考えて試行錯誤しながら取り組む若手がものすごく減っているのが実情です。ただ、時代が変われば考え方や見方も変わるものです。いまの若手も、新しいやり方を見つけてなんとか乗り越えていくだろうと期待しています。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事