年をとったら「太る」を目指す

寝ているだけの生活では筋肉量がどんどん落ちて痩せていく

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 入院して手術を受けると、痩せることが多い。理由は主に「手術の影響」「動かない(動けない)こと」「点滴による摂取エネルギーの減少」です。

 若くて体力がある人であれば多少痩せても大した問題ではありませんが、もともと痩せていて、スタスタ歩けないような高齢者であれば、寝たきりになったり命に関わります。だから、栄養管理には十分に気をつけなくてはなりません。

 前回も触れたように、高齢者の点滴は平均的に1本500ミリリットル(100キロカロリーほど)、1日3本で、300~400キロカロリーしかありません。もし、ご家族がそのような状態であれば、点滴の内容を脂肪やアミノ酸を含んだ、より高エネルギー、高アミノ酸のものにしてもらえないか、主治医や看護師さんに相談すべきです。

 手術を受けてベッドに寝ているだけの生活が続くと、筋肉量がどんどん落ちていきます。つまり、痩せます。1日寝ていると、0.5~1%は筋肉が落ちます。

1 / 2 ページ

若林秀隆

リハ栄養、サルコペニア、摂食嚥下障害を特に専門とする。日本リハビリテーション医学会指導医・専門医。

関連記事