全国の医師が処方した薬 ベスト10

【解熱鎮痛消炎剤】金額ベースでは高脂血症治療薬の3分の1の規模

解熱鎮痛消炎剤の市場規模と上位10薬品(C)日刊ゲンダイ

 解熱鎮痛消炎剤の処方量は約47億錠。高脂血症治療薬(約50億錠)に匹敵する数が出ています。しかし薬価が低いクスリが多いため、上位100品目の総額は1226億円と、高脂血症治療薬の3分の1に過ぎません。

 売り上げトップはファイザーのセレコックス錠100㎎で、424億円でした。セレコックスは2007年に発売された、比較的若いクスリです。そのため薬価が高く(69円/錠)設定されているのです。同じセレコックスの200㎎錠は106円/錠で、解熱鎮痛消炎剤のなかでは最も高価なクスリです。合わせて454億円の売り上げを立てています。

 2位のトラムセット配合錠は、トラマドールと呼ばれる麻薬の一種と、解熱鎮痛作用のあるアセトアミノフェンを配合したクスリ。トラマドールはモルヒネよりも弱い麻薬で、副作用も少なく、軽度のがん疼痛の緩和に使われています。しかしトラムセット配合錠は、他の鎮痛剤が効きにくい「非がん性慢性疼痛」の治療に用いるものとされています。薬価は70円/錠で、4番目に高価なクスリです。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事