クスリと正しく付き合う

医療費を圧迫しないためにもHIV「予防薬」開発が望まれる

 HIVの治療薬は数多く開発されていますが、HIVの「予防薬」(ワクチン)はいまだに登場していません。それだけに、今後の開発が期待されます。欲を言うならば、国内メーカーによる開発が望まれます。HIV治療薬の多くは外資系薬品メーカーが発売しています。国内メーカーが予防薬を開発して発売することになれば、日本の経済が活性化するという二次的なメリットもあると私は考えています。

 かつて、C型肝炎ウイルス感染は治療が困難と考えられていましたが、近年新しい薬が開発されたことによって、いまではほとんど根治する病気になりました。HIVも根治できる、または、かからない日がやってくることを期待しています。

2 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事