全国の医師が処方した薬 ベスト10

【解熱鎮痛消炎剤】「女性のほうが痛みに強い」は本当か

男女の処方量に1.35倍の差(C)日刊ゲンダイ

 よく世間では「女性のほうが痛みに強い」といわれています。女性の体は出産の痛みに耐えられるようになっているからだそうです。もし本当だとすると、解熱鎮痛消炎剤の処方量にも反映されているはずです。

 そこで性別・年齢別の処方量(1人当たり・1年間)を計算したところ、〈表〉のようになりました。男女とも年齢が上がるにつれ、処方量が増えていきますが、同じ年齢では、女性の処方量が、男性よりも多くなっています。 40代前半では1・35倍、年齢とともにその差が拡大し、80代前半ではなんと1・57倍もの開きがあります。女性のほうが、痛みの症状が多いということでしょうか。

 実は、痛みに性差があるという医学的根拠はありません。ただ多くの調査から、女性は痛みを我慢せず、積極的に通院して、クスリを処方してもらう傾向が強いことが分かっています。一方、男性は痛みを我慢する傾向が強く、医者に行きたがらないことも分かっています。その違いが、処方量の差として、表れているのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事