ニューヨークからお届けします

コーヒーは1日3~4杯がベター 英医学誌に最新調査結果が

砂糖などを減らしてブラックで(C)日刊ゲンダイ

「コーヒーは体にいい? 悪い?」「1日何杯までOK?」というような論争は、永遠に続いている印象があります。

 ところがこのたび発表された研究結果は、それを終わらせるかもしれません。少なくとも、しばらくの間は――。

 医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」がコーヒーに関する過去の約200の研究結果を分析しました。その結果、コーヒーが「健康に良い影響を与えている」と分かったのです。

 それによると、1日3~4杯のコーヒーを飲む人は、全く飲まない人に比べ、ある種のがんや心臓・肝臓疾患の発生率が低く、さらに2型糖尿病、認知症、脳卒中の発生も少なかったとのこと。

 研究に携わったサウサンプトン大学のポール・ロービック教授は「あくまで統計上の結果であって、コーヒーが直接こうした病気を予防しているのかどうかは分からない。その人の年齢や喫煙、エクササイズなどのライフスタイルによっても変わる」とコメント。

1 / 2 ページ

関連記事