医者も知らない医学の新常識

血糖値は冬に上がる 北半球の調査では12~3月に上昇

(C)日刊ゲンダイ

 厚生労働省が実施した「2016年国民健康・栄養調査」によれば、糖尿病の人口は1000万人を超え、正常より血糖が高い人も合わせると、2000万人を超えると推計されています。糖尿病はまさに国民病で、その増加は深刻な問題です。

 さて、糖尿病の診断には血糖値と共に、HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)という検査を行います。この数値は前2カ月くらいの血糖が高いほど上昇するのですが、季節により変動することが知られています。寒い時季には上昇し、暖かい時季には下がるのです。

 日本を含む北半球での調査では、12月から3月くらいの時季に最も高くなっていて、南半球のオーストラリアでは、5月から9月くらいの時季に高くなっています。要するに、気温が下がると血糖は上がっているのです。糖尿病の患者さんでは、冬場は薬が増えることが多いようです。これは一体なぜでしょうか? 

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事