Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

衝撃の告知広告 コマツ元社長「胆嚢がん治療しない」の真意

コマツ元社長の安崎暁さんと「感謝の会」の広告(C)日刊ゲンダイ

 たとえば、胃がんは早期ならほぼ100%治ります。私も早期の胃がんと診断されたら、手術を受けて根治を目指しますし、患者さんにも当然、手術を勧めます。

 しかし、全国がんセンター協議会の調査によると、胃がんのステージ4の5年生存率は7・3%に低下。残念ながら、末期がんの治療成績は十分ではありません。

 国立がん研究センターはこの夏、がん治療の実態調査を発表しました。たとえばステージ4の胃がんの場合、75~84歳で治療を受けなかった人は24.8%に上ります。「85歳以上」は56%と年齢が上がるにつれて「治療せず」の割合が増えるのです。すい臓がん、肺がん、肝臓がんも、ステージ4で85歳以上は「治療せず」が5割を超えています。

■「迷ったら受けない」

 治療なしの選択をする場合、期待される余命とQOLをベースに考えます。期待される余命は男女の平均寿命から逆算するといいでしょう。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事