がんと向き合い生きていく

「いつまでも 生きている気の 顔ばかり…」人間はそれでいいんだ

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 肺がんが発覚したRさん(58歳・男性)は、1回目の抗がん剤治療が効かず、医師から「もしかしたら3カ月の命かもしれません」と告げられました。日頃から「いつ、死がやって来ても悔いはない」と覚悟を決めていたはずなのに、いざ「3カ月」という数字を聞くと動揺しました。そして、心落ち着かないまま別の抗がん剤に替えての外来治療が始まったのです。

 Rさんは、注射をしてくれる医師から「きっと効く」と言葉をかけられたことがとてもうれしかったといいます。たとえ、抗がん剤が効かなくてもその医師を責める気持ちはまったくなく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 抗がん剤が替わって2週間が経過した頃から、咳が減ってきました。ところが、3週目に入って下痢と口内炎が表れ、その後、39度の発熱があったため、緊急入院することになりました。すぐに解熱しましたが、抗がん剤の副作用で白血球数が減っており、結局、7日間の入院が必要になりました。それでも、担当医から「肺の影は良くなっている、今度の抗がん剤は効いている」と言われ、ホッとしたそうです。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事