年をとったら「太る」を目指す

老親が痩せていれば主治医にまず相談を

労親が痩せていれば主治医にまず相談(C)日刊ゲンダイ

 栄養管理に重きを置いたリハビリを行う中で、難しさを感じることがあるのが、主治医とのやりとりです。

 私たちリハビリ栄養サポートチームは、患者さんに応じた栄養管理とリハビリの内容を決定し、主治医に伝えます。チームの提案を受け入れてくれる主治医もいれば、そうでない主治医もいます。

 主治医から異なる意見があり、その内容が納得できるものであれば、先に伝えた栄養管理とリハビリの内容を軌道修正します。ところが、納得できないこともあります。

 やはり餅は餅屋。医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士らさまざまな専門家で構成されるリハビリ栄養サポートチームで、客観的なデータと豊富な経験から導き出した栄養管理とリハビリの内容の方が、適切である場合が多いのです。

 しかし、栄養管理の決定権は主治医にあります。残念ながら、適切とはいえない栄養管理が継続されるケースは今でもあります。

1 / 2 ページ

若林秀隆

リハ栄養、サルコペニア、摂食嚥下障害を特に専門とする。日本リハビリテーション医学会指導医・専門医。

関連記事