愉快な“病人”たち

子宮頸がん克服 ドラマー小林香織さんが説く検診の重要性

子宮全摘手術を受けた小林香織さん(C)日刊ゲンダイ

 それまで「定期的にがん検診をしましょう」というCMを見ても、どことなく他人事だったんです。でも、不正出血があったりして「病院に行こうかな」と思っていたタイミングで区のがん検診のクーポンが届き、受診してみようと思いました。2011年5月のことです。

 細胞診前の内診では、「ちょっと炎症がありますね」と言われ、抗菌薬を処方されました。「悪い病気ではなかったんだ」とホッとしました。でも、数週間後に再検査の通知が届き、区内の総合病院を受診したところ、「子宮頚がん」と診断されたのです。

 先生は「円錐切除術で2週間ほどの入院になるでしょう」とおっしゃいました。しかし、子宮頚がんという病気についても、円錐切除術についても、何も分からない状態で……。

 子宮頚がんは、子宮の入り口、頚部に出来るがんで、ほとんどの場合、ヒトパピローマウイルスというウイルスによって発症します。性交渉によって男性から感染するのですが、性交渉を経験した約80%の女性が一度は感染するといわれているそうです。そのうち90%は自然に消滅し、子宮頚がんにまで進行するのはごく一部なのですが、それでも多くの女性が罹患する可能性があるのです。

1 / 5 ページ

関連記事