愉快な“病人”たち

子宮頸がん克服 ドラマー小林香織さんが説く検診の重要性

子宮全摘手術を受けた小林香織さん(C)日刊ゲンダイ

 そんな中、私がいま伝えたいのは、子宮頚がんという病を正しく理解して欲しいということ。子宮頚がんは「遊んでいる女性がかかる病気」などと、まったく根拠のない揶揄を受けることもありますが、そんなことはありません。ほかのがん同様、早期発見がとても大事です。

 これからも経験者の立場から、子宮頚がん検診の啓蒙を呼び掛けていきたいと思います。

▽こばやし・かおり 1978年、東京生まれ。12歳でドラムを始め、相川七瀬、E-girls、及川光博ら、数々のツアーやレコーディングに参加。2006年から現在まで、TM NETWORKの宇都宮隆が立ち上げたバンド「U_WAVE」に参加している。また、ミュージカル「CABARET」「シャウト!」に演奏出演も。18年1月13日にはバースデーライブ「昭和52年組! 二度目の成人式」(Shisuideux/東京・大塚)に出演予定。

5 / 5 ページ

関連記事