天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心臓の悪性リンパ腫の手術でチーム医療の重要性を再確認

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓手術の中でも、悪性疾患の心臓の手術はそれだけ数多くのスタッフが関わっています。仮にどこかの人材が欠けていたら、最適な治療は実現できないと言ってもいいでしょう。それぞれが役割分担をしっかり確実にこなせるチームがあることが、患者さんの生存率を高めているのです。手術はチーム全体の力がカギを握っている。それをあらためて実感しました。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事