Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

村中璃子さんにJ・マドックス賞 子宮頸がんワクチンが男性にも必要な意味

マイケル・ダグラスは咽頭がんを公表(C)AP

 ワクチンギャップという言葉をご存じでしょうか。欧米では接種が進んでいるワクチンなのに、日本では導入が進んでいない状態のことを指します。たとえば、日本ではおたふく風邪のワクチンは任意接種で、ほとんど接種されていません。

 そういうワクチンのひとつに子宮頚がんワクチンがありますが、昨年末、動きがありました。子宮頚がんワクチンの安全性を発信してきた医師でジャーナリストの村中璃子さんが、世界的な科学誌ネイチャーなどが主催するジョン・マドックス賞を受賞したのです。

 子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症。毎年およそ1万人が発症し、約3000人が亡くなりますが、原因はHPV感染ですから、ワクチン接種でほぼ予防できます。それで2013年4月、定期接種が始まりましたが、健康被害問題が浮上したため、頓挫しました。

 ワクチンと健康被害の因果関係は明らかではなく、日本小児科学会などは接種勧奨の再開を要望する声明を発表しています。今回の受賞は、接種再開を後押しすることになるでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事