Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

村中璃子さんにJ・マドックス賞 子宮頸がんワクチンが男性にも必要な意味

 この受賞をなぜ取り上げるかというと、男性にとっても大きな意味を持つからです。HPVは女性が感染すると、子宮頚がんになりますが、男性が感染すると、尖圭コンジローマや陰茎がんになる可能性が高まります。つまり、セックスによって、男女ともHPVに感染するのです。

 HPVが喉に感染すると、咽頭がんになることも分かっていて、咽頭がんの2割はHPV感染が原因とされています。咽頭がんを公表した米俳優マイケル・ダグラスさんは「咽頭がんの主な原因はHPV感染だからね」と語ったことでご存じの方もいるでしょう。

 このようなことから、今回の受賞報道は男性も無視できないのです。海外では男性へのワクチン接種が勧められている国もあります。

■先進国で死亡率増加は日本だけ

 そういう状況の中、日本ではワクチン接種が事実上ストップしているのは残念でなりません。当初接種されていたワクチンは1世代古いものですが、接種すると子宮頚がんの発症率は3割にまで低下。当初の接種率は大体7割でしたから、接種していた学年の女性は、半数が子宮頚がんにならずに済むのです。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事