医者も知らない医学の新常識

インフルエンザワクチンを打つと免疫が低下する?

毎年打たないと効果が持続しない(C)共同通信社

 インフルエンザが本格的に流行する季節となりました。皆さんはもうワクチンを打ちましたか? ワクチンは科学的にその効果が確認されている、インフルエンザの予防法です。ただ、今使用されているワクチンはスプリットワクチンといって、実際にインフルエンザにかかった時に体がつくる免疫と比べると、その効き目は弱いものなので、毎年打たないと効果が持続しません。

 2009年の「新型インフルエンザ」騒動の時に、「毎年ワクチンを打っていると、新型インフルエンザにかかりやすくなるのではないか」という意見が、まことしやかに広がったことがありました。これは必ずしも事実無根ではなくて、動物の実験や免疫不全のお子さんでは、インフルエンザワクチンを繰り返し接種すると、細胞性免疫という体の免疫の一部が、弱まることが報告されているのです。これは免疫不全のお子さん以外にも、成り立つことなのでしょうか? 昨年の感染症の専門誌に、この疑問に答える論文が掲載されました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事