Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

適量は日本酒1合まで 飲酒による大腸がんリスクを知る

日本酒4合で大腸がんリスク3倍(C)日刊ゲンダイ

 特に飲酒の影響が表れやすいのが、飲むと顔が赤くなる人です。食道がんや咽頭がんのリスクが高まります。

 お酒に含まれるエタノールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。これが頭痛をはじめとする二日酔いの原因で、2型アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によって酢酸に分解されると無毒化され、スッキリするのです。

 ALDH2の遺伝子には、分解力が強い正常型と弱い欠損型があり、いずれかのタイプが両親から受け継がれます。2つの遺伝子パターンによって、アルコールの分解力が決まるのです。

 日本人の5%は、どちらも欠損型で、下戸。ほとんどお酒が飲めないので、飲酒による発がんの心配はありません。ともに正常型は50%。このタイプもアセトアルデヒドが蓄積されにくく、飲酒とがんは結びつきにくいのですが、飲み過ぎるあまりアルコール中毒者に多い傾向があります。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事