数字が語る医療の真実

風邪にはビタミンD? 10万人中3000人が予防できる計算

(C)日刊ゲンダイ

 風邪の予防に対するビタミンCの効果は24のランダム化比較試験と統合したメタ分析によって検討されています。

 プラセボ群での風邪の発生が48.3%に対し、ビタミンCのグループでの風邪の発生は52%と効果が認められませんでした。

 ノーベル賞学者ポーリング博士によって一時期、脚光を浴びたビタミンCですが、がんに対しても風邪に対しても、はっきりとした効果がないというのがその結末でした。

 ノーベル賞学者というような権威でも、必ずしも正しくないというのが現実なのです。権威より事実といえば当たり前のことですが、かっけにおける東大医学部の権威の誤りと同じ問題が、ここでも顔を出しています。

 それに対して、ビタミンDの風邪の予防効果はどうでしょうか。

 ビタミンDもビタミンC同様、25のランダム化比較試験を統合したメタ分析という質の高い手法で効果が検討されています。こちらはプラセボ群の風邪の発生が42.2%に対し、ビタミンD群では39.1%と、100の風邪が88まで減るという結果です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事